- エアロレザークロージングジャパン株式会社 - https://aeroleatherclothingjapan.com -

企業理念 – 顕在化した一例

「本当のEcology」を目指している弊社の企業理念に反し新品の商品発送用段ボール箱を購入してしまいました。

商品や会社の体裁を整えるためではなく、「タダ」で入手できるセコンドハンド段ボール箱の入手が困難になったからです。

本当のEcologyとは「資源の最適配分」に他なりません。これはミクロ経済学・市場原理の基礎でもあります。

要するにムダのない社会(エコ社会)は市場原理が働き、資源の最適配分が十分行われることであり、社会を構成している人たち全てのコストが低くなるということです。逆に言えば「エコ商品だから高い」というのは、実はその商品に関連する生産・消費・廃棄いずれかの工程で必ずコストのかかるムダな事象が起きているはずです。
自己満足なエコ、宣伝のためのうわべだけのエコ、補助金や規制が絡むエコも同様に「本当のEcology」ではありません。

真剣なコストダウンの結果としてエコを実現することで社会全体としての「本当のEcology」を達成することができると信じます。

その意味で今回弊社の新品段ボール箱購入は全くエコではありません。企業としてコストアップしながら新たな廃棄物生産の一助をしているわけです。
弊社の企業理念にも反しており、恥ずかしいことであります。(代表取締役)